by jun | 2018/05/19

この日は5人でのオフ会でした。
5人もいると色んな手品を見ることができて、カードが当たったりカードが変わったりコインが消えたりルービックキューブが揃ったりサイコロが繋がったりどっちの手におしぼりを握ってるか当てられたり、大変な不思議祭りになりました。

やっぱり近くで不思議なことを見るのはいいもので、映像で見るのとは比べ物にならない驚きがあります。
似たような現象でも様々なアプローチがあり、知らない見せ方のやつを見るとおーーってなりますし、アプローチについて人と話すと色んな考え方を知れて面白いです。
この日は参加者の方からてめえのフォールスシャッフル見せろやという犯行予告があり、みんなで思い思いに混ぜたり混ぜなかったりしました。

手品は不可能なことを実現したように見せる遊びなので、これが完璧という答えがなかなか出ないのも面白みの一つだったりします。
答えが出ないことを話してると殴り合いに発展しかねませんが、和やかなムードのまま終わることができてよかったです。
ほんわかなんて名前のついてる会の主催者としては激しいバトルは避けたいところであり、「ハインシュタインかヘインシュタインか」という永遠の論争に話がずれないように頑張ったのがよかった気がします。
殴り合いとかは冗談ですが、ネットとか見てると好みのレベルの話で攻撃的な言葉が飛び交ったりしてるので、遊びでやってる身としてはあんまり否定したりしない雰囲気は大事にしていきたいと思ってます。
もっと言うと「ハインシュタインかヘインシュタインか」というクソどうでもいい議論で2時間ぐらい潰すような会にしたいです。
そこに「ヨルダンカウントかジョーダンカウントか」「フェローかファローか」「マルローかマーローか」あたりの議題を加えて、人名の発音問題ばかりを語り合う理想の会ができますが、この日はサンドイッチカードやカラーチェンジなど、より理想的で建設的な話も盛り上がりました。
ビジュアル手品は上手い人に見せてもらうと良い感が高まります。

いつもブログ用に写真とか撮ろうと思うのですが盛り上がりのあまり忘れていて、「盛り上がりの捏造写真撮るよー」と言ってカメラアプリ起動してるうちにガチサンドイッチ盛り上がりしていて、この日も盛り上がったことがよくわかります。

Sponsored Link

Comments

No comments yet...

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です